宅地建物取引士賠償責任補償制度

宅地建物取引士が、日本国内において「宅地建物取引業法に基づき遂行する業務に起因して提起された損害賠償請求」について、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対し保険金をお支払いいたします。
加入資格者
公益社団法人東京都宅地建物取引業協会会員(事業所)に従事している宅地建物取引士の方です。
※年齢制限はありません。




補償の対象となる宅地建物取引士の業務

本制度で補償の対象となる業務とは、宅地建物取引士が適正(重過失・不誠実行為を除く)に遂行した次の業務。

1 宅地建物取引業法第35条に定める「重要事項の説明等」
  ※ぜひ、法令に準拠した用紙のご使用をおすすめします。
2 宅地建物取引業法第37条に定める「書面の交付」



補償の対象とならない例


「加入者が、業務遂行にあたり、必要な調査、確認等を怠ったことに起因する損害賠償責任」および「加入者の犯罪行為もしくは不誠実行為または法令違反に起因する損害賠償責任」などがあります。


お支払いする保険金の種類


本制度でお支払いする保険金の種類は下記の通りです。

1 損害賠償金
2 訴訟、仲裁、和解または調停に関
  する費用
3 損害防止軽減費用



 1年間1名あたり5000円 (詳細はお問い合わせください)

 ●保険金額と免責金額 (宅地建物取引士1名あたり)
 ・ 1事故につき ………………………………5000万円
 ・ 保障期間中の総てん補限度額 ………………1億円
 ・ 免責金額(自己負担額)/1事故につき…………3万円
●お問合せ・お申込み
株式会社宅建ブレインズ
TEL.03-3234-0699