ホーム > 宅建協会 入会のご案内 > 東京都宅建協会ならではのメリット

  • TOP
  • 営業保証金の供託免除
  • 東京都宅建協会ならではのメリット
  • 東京都宅建協会入会メリット20
  • 開業までの流れ資料ダウンロード
  • 入会資料請求

東京都宅建協会ならではのメリット

「ハトマーク」のブランド力が取引に絶大な安心と信頼を与えます

全国の不動産業者の約80%にあたる約10万店(都内では約15,200店)が、ハトマークが目印の宅建協会に加入しています。

どうして、これだけ多くの不動産業者が加入しているかというと、不動産業には安心と信頼が不可欠で、「ハトマーク」が絶大な安心と信頼のブランドになっているからです。

「ハトマークのお店であれば、安心できるし、信頼もできる」というようなイメージが、一般消費者のみなさまのあいだに広がりつつあります。

実際に、ハトマークをドアや窓に貼ったり、ハトマークのあるノボリを店頭に掲示したりするなどして、安心と信頼をアピールしている会員業者は多くいて、街のあちらこちらで見かけます。

東京都宅建協会は創立から50年目を迎えました。50年の歴史で培った「安心と信頼のブランド・ハトマーク」、東京都宅建協会に入会すれば、これを共有することができます。

「ハトマーク」のブランド力が取引に絶大な安心と信頼を与えます

↑ページトップへ戻る

東京都に32支部あり、地域密着が大前提の不動産業を力強く支援します

東京都宅建協会には、支部が東京都内に32あります。各支部は、役所・役場、商工会議所等の公的機関、各地の青年会等と緊密に連携して地域密着を図り、地域に貢献しようと努めています。

また、毎年9月23日の「不動産の日」前後には、支部または地域ブロック主催で不動産フェアを開催し、一般消費者のみなさまに、ハトマークに愛着を持ってもらえるようなイベントも行っています。その成果があって、最近はハトマークと聞けば「街の不動産店」というようなイメージを持ってくださる一般消費者のみなさまが増えました。ハトマークに対する信頼が、ますますアップしています。

不動産業にとって地域密着は大前提、不可欠なのはいうまでもありません。地域を知ることが、成功につながります。各支部を通じて地域情報が収集できるようになり、地域ネットワークや人的ネットワークが広がり、それらを営業に生かすことができるようになります。

東京都に32支部あり、地域密着が大前提の不動産業を力強く支援します

↑ページトップへ戻る

宅建経営塾等のセミナーを開講!実務や経営ノウハウを習得できます

東京都宅建協会は、会員の教育・研修業務にひときわ力を入れています。その理由は、会員の資質、知識力、情報等をレベルアップしてもらうことで、「安心と信頼のハトマーク」のブランド力をさらに高め、ひいては不動産業界の地位向上につながるからです。

宅建経営塾のほか、本部セミナー、支部セミナー等を頻繁に開講しています。会員もしくは会員事業所の従業員は、特別価格で受講することができます。

宅建経営塾には、初級者からある程度の経験がある方までレベルに合わせたコースがあり、実務ノウハウの基礎はもちろん、幅広く利用できる知識、さらには経営ノウハウも習得できます。

実際に宅建経営塾を受講した会員からは「実務で今まで不安に感じていた部分の話しが聞け、自信を持てるようになった」「経営のヒントになった」というような声が寄せられています。新入社員研修で、宅建経営塾を活用している会員もいます。

宅建経営塾等のセミナーを開講!実務や経営ノウハウを習得できます

↑ページトップへ戻る

仕事上の万一に備える『宅地建物取引士賠償責任保険“宅建賠”』

不動産業は近年、相次ぐ法改正や消費者の権利義務意識の高まり等により、業務上のミスに基づく損害賠償請求が多く、また高額化している現状にあります。
そのような現状に応えるべく、現行の宅建賠をより充実した内容の商品に改定し、平成27年10月1日に発売します。

「新宅建賠」は、従来の宅地建物取引士を対象にした「宅地建物取引士賠償責任保険」と事業者(会社、個人事業主)を対象にした「宅地建物取引業者賠償責任保険」を合わせた保険制度です。
内容は、4つのプランからなっており、各事業会社にあったプランを選択出来るようになっています。

開業後の「まさかの失敗」を補償する「新宅建賠」は事業継続のカギとなります。
この保険は、東京都宅建協会が契約者となる団体契約で、東京都宅建協会の会員事業所しか加入できません。
資料請求など詳しくは(株)宅建ブレインズ(TEL.03-3234-0699)までお問い合わせください。

宅地建物取引士賠償責任保険制度のご案内

↑ページトップへ戻る

会員同士のつながりが、事業モチベーションを向上・継続させます

東京都宅建協会の会員で、事業に成功している方々は非常にたくさんおられます。小さな1店舗から事業を開始され、現在は全国展開されている会員の方、地元に密着して地域で総合不動産業を営んでおられる方、不動産証券化事業を積極的に進めておられる方など、さまざまです。

東京都宅建協会に入会すると、そういう先輩会員と知り合いになり、話ができる機会が増えます。先輩会員の話を聞くことで刺激をうけて触発され、事業モチベーション(動機づけ)が向上し、それが継続することになるでしょう。事業の目的意識、方向性、目標も明確になるでしょう。

実際に先輩会員のアドバイスで、「新しい仕事のヒントが得られた」「困難を乗り越えることができた」「さらに頑張るつもりになった」というような話は、よく聞きます。

会員同士のつながりが、事業モチベーションを向上・継続させます

↑ページトップへ戻る

そのほかにも、営業支援・実務支援メニューを豊富に揃えています

その他にも、東京都宅建協会は、営業支援、実務支援等、さまざまな会員サポート業務を行っています。

たとえば、インターネット営業、物件登録・検索サイトの提供、独自の住宅ローン、顧客向けの独自の家財共済の取扱い、経営者・従業員の双方が利用できる退職金準備制度、従業員の福利厚生制度、営業支援ツールのサービス、実務支援ツールのサービス・斡旋、書式サービスなど、いくつもあります。

開業してから、きめの細かい支援を受けることができるようになります。

そのほかにも、営業支援・実務支援メニューを豊富に揃えています

↑ページトップへ戻る