Trand&News

【国土交通省】平成29年度「住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業」の説明会開催のお知らせ (2017/09/19)

民間賃貸住宅や空き家等を活用した新たな住宅セーフティネット制度が
10月25日から始まります。

国土交通省では、住宅確保要配慮者向けの住宅を早期に確保し、その供給促進
を図るため、既存住宅等を改修して住宅確保要配慮者専用の住宅とする場合の
改修費を支援する「住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業」を創設し、9月
下旬から公募を開始する予定です。
今般、本事業の支援対象となる要件や支援内容の周知を図るため、10月10日
より、全国8箇所で、国土交通省担当官等による説明会が開催されます。

主な内容:
平成29年度住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業の事業内容
平成29年度スマートウェルネス等推進事業の事業概要

参加費:無料

※事前に参加申込みが必要です。こちらを参照の上、FAX又はメールにて申込みをお願いします。

開催日時や場所等、詳しくは国土交通省ホームページをご覧ください。

close