ホーム > 宅建取引士情報 > 「宅建取引主任者証」から「宅建取引士証」への切替交付のご案内

「宅地建物取引主任者証」から「宅地建物取引士証」への切替交付申請のご案内

宅地建物取引業法が改正され、平成27年4月1日から、宅地建物取引主任者は「宅地建物取引士」へ名称変更されます。これに伴い、「宅地建物取引主任者証」も「宅地建物取引士証」へ変更されます。
平成27年4月1日現在で、すでに交付されている「宅地建物取引主任者証」は、経過措置によって有効期限終了まで、「宅地建物取引士証」とみなされます。
ただし、「宅地建物取引主任者証」を更新前に「宅地建物取引士証」へ変更を希望する場合は、切替交付が可能です。
切替交付を希望される方は、下記注意事項を必ずご一読ください。

注意事項

  1. (1) 切替交付は必須ではありません。
    お持ちの宅地建物取引主任者証は、有効期限まで宅地建物取引士証とみなされます。
  2. (2) 切替交付申請をすることで、有効期限は延長されません。
    お持ちの宅地建物取引主任者証の有効期限とまったく変わりません。
  3. (3) 当協会・研修センターでは、東京都登録の方だけ切替交付を受付けます。
    東京都以外の他道府県登録の方は、所管する道府県庁へご確認ください。
  4. (4) 切替交付は、本人が窓口に来所のうえ申請してください。
    代理人申請、郵送による受付はしておりません。
  5. (5) 住所、氏名を変更されている場合は、先に東京都(東京都都市整備局 住宅政策推進部 不動産業課 免許係 TEL03-5320-5063)へ変更届をご提出ください。
    宅地建物取引主任者証の情報変更は、すべて東京都で受付けています。当協会では、住所変更手続きができませんので、新住所等で取引士証の交付を希望される場合は、先に都庁で住所変更手続きを行ってください。
  6. (6) 宅地建物取引主任者証の亡失・盗難・汚損等による再交付は、東京都で再交付申請の手続きを行ってください。
  7. (7) 更新のための法定講習会受講で「宅地建物取引士証」が交付されます。
    4月1日以降開催の法定講習会から「宅地建物取引士証」での交付となります。有効期限の6ヵ月前から、法定講習会の受講が可能です。

切替交付申請の流れ

  1. 1. 切替交付申請日(研修センター来所日)を、電話予約してください。
    切替交付は予約制※です。

    ※予約制・・・事前に予約をお取りいただき、ご来所されますようお願いいたします。

    (公社)東京都宅地建物取引業協会研修センター TEL 03-3234-4691
  2. 2. 予約された指定日に、当研修センターへ本人が来所され、切替交付申請を行ってください。
    その際に、再交付申請書(ダウンロード可能)、誓約書(ダウンロード可能)を提出し、手数料4,500円も併せてお支払ください。
    受付場所 :(公社)東京都宅地建物取引業協会 研修センター
          千代田区富士見2-2-5 飯田橋メインビル3階
    受付時間 :午前9時30分〜午後4時00分
  3. 3. 混み具合にもよりますが、即日約30分で、窓口で新しい取引士証を発行交付いたします。
    (公社)東京都宅地建物取引業協会研修センター TEL 03-3234-4691

申請時に持参するもの

  1. 宅地建物取引士証再交付申請書 1枚
  2. 誓約書 1枚
  3. チェックリスト
  4. ④ カラー顔写真 1枚

    ※写真:縦3cm×2.4 cm(顔の大きさ2cm程度)、6ヵ月以内に撮影、無帽、正面、上半身
    無背景、不鮮明なもの、写真用紙以外にプリントしたもの、劣化の可能性があるものは不可。
    「宅地建物取引士証」作成時、熱を掛けますので、使用に耐えうる写真をご用意ください。

    ※カラー写真については、ご希望であれば証明書用写真撮影設備を研修センター内に用意してありますのでご利用ください。
    利用料金:6枚¥600

  5. ⑤ 再交付手数料(現金)4,500円
  6. ⑥ 認印(シャチハタは不可)
  7. ⑦ 現在使用している「宅地建物取引主任者証」原本
    現在使用している「宅地建物取引主任者証」を受付時に回収します。
①〜③の各書式をダウンロードして、必要事項を記載の上ご持参ください。
なお、各書式は当センターにも用意があります。